AE86 カスタム 車のキズ、へこみ修理 板金塗装施工例

HOME > 板金塗装施工例 板金塗装の施工例 > AE86 カスタム

AE86 カスタム

 1 橙のサンダーバード、SR2000のオーナーFさんの続いてのハードカスタムはAE86レストア&カスタムです。スリップ事故からの復活劇をご覧ください。

 2 雨の日の夕方6時を過ぎた辺りでFさんから電話があり、「やった!スリップで86のケツがガードレールにささった!!」とりあえず現状確認のため来店いただきました。みごとにリア左フェンダーの角がセンター辺りまでズレこんでいました。また画像取り忘れてます。

 3 とりあえずリアのサイドガラスやモール類、トランク等を外し、10tの油圧ジャッキでリアフェンダーを押し戻しました。が、経年劣化と事故の衝撃で所々スポット溶接が外れてなかなか戻りません。部分的にスポット溶接を入れもってジャッキ作業は続きます。

 4 所々サビ穴や朽ち果てがあったので、全塗装覚悟のドアバラシ、溶接、ステン板溶着作業、かなりのハードワークが続いて行きます。無事トランクも閉まるぐらいの位置にフェンダーが戻ったので、遠い位置からパテ作業も進めていきます。

 5 ドア車体側の上部分!雨水がたまりやすい所はザックリサビて穴があいてます。サビがまわっていない所まで色剥ぎをしてステン板を溶着して行きます。この他にもサイドシル下部、フロントフェンダーなど、サビによる穴あき多々ありましたが、ほぼステン板溶着して行きました。

 6 ステン板を溶着しつつ、スポット強化しながら溶接して行きます。場所が場所だけに作業が難航しまくりです。溶接保護マットもぎりぎりに養生しないといけないので、マットのはしっこが少しこげました。シートや車体がこげるよりマシなんですがね。この後ゴムモールを差し込むピラーも作りました。

7 だいたい溶接も終わりパテ成型して行きます。ちなみにリアフェンダーは大型ホイール対応出来るように上部に3センチほどカットしフェンダーの内板を持ち上げ溶接してます。S13に施した加工と同じです。テールランプ内板板金が大変でした。

 8 さてボディーのパテもあらかた終わりオーバーフェンダーの取り付け加工に入ります。市販のフェンダーは車体より小さく出来ているので延長及びリベット止め加工を施します。画像で黒く見えているのはアルミテープです。

 9 リアフェンダーのフチをサンダーで車体に向けてゆるく斜めに削りこんで行きます。次に貼りつけるFRPとの段差をなるべく無くすのとパテをあまり使わないようにするためです。そしてリベットの穴を空け、リーマーでドリル穴をすり鉢状にします。行きすぎるとリベットが抜けるのでリベットを差しながら慎重に!

 10 リア側はテールに巻き込む感じで延長しました。ちょうどこの位置に縦のプレスラインがあるので!FRPを貼りつけてみると市販のフェンダーがかなり小さいことがわかります。せっかくなんで、あんまり後づけ感を消して取り付けしたいですね。クラッシュは厳禁ですが!!!FRPマットはリベットがかくれるように大きめに貼ります。

 11 ドア後ろもドアラインぎりぎりまで貼り込みます。ドア車体側に巻き込もうと思いましたがクラッシュの事も考えフェンダーの先で止めました。画像に見えているシルバーのボッちりはフェンダー仮止め用のビスです。後で取り外しFRPを貼り込みました。

T'sDESIGN(ティーズデザイン)
〒761-8073
香川県高松市太田下町2020-4
087-816-7752
受付時間10:00〜19:00