フェアレディーフェンダー加工 車のキズ、へこみ修理 板金塗装施工例

HOME > 板金塗装施工例 板金塗装の施工例 > フェアレディーフェンダー加工

フェアレディーフェンダー加工

ザザっとではございますが、リアオーバーフェンダー作成の流れです。

まず、ええ感じのアーチがとれるまでマスキングテープで位置だし。

位置が出たら迷わずカット、カーット!!!

表のフェンダーがカット出来た画像

あらかたいらない部分をカット!この後で微調整しながら更にカット

インナーのカットが出来ました。結局、表のフェンダーとツライチがベストカットでした。

溶接が出来るようにベルトサンダーとダブルアクションにて平滑にアシ付け。塗装は完全にはがないと溶接出来ないよ。

途中画像飛びますが、インナー溶接が出来ました。かなり余分目になりましたが、大は小を兼ねる!タイヤの引っ張りがはじまる手前ぐらいでカット用のマスキング

ん〜?まだインナーが飛び出して見えるな!むむっ!

更にマスキングし直し、テープの内側で再カット。切りすぎがこわいので、何度もチェックしながら貼りなおし貼りなおし、色んな角度から見て下さい。

インナーカットも決まり表フェンダーの溶接。1枚板で切り込みをキワキワまで入れて溶接、ひずみが出ないようにじんわり時間をかけて!!

溶接が終われば、板金でひずみ調整をして極力フラットに!さーパテの投入です。ひずみが0.2ミリ前後まで板金しているので細めのパテで薄く薄く塗りましょう。

は〜っ、3回目のパテでようやく薄いひずみも消えました。ここからは240番のペーパーで慎重に研ぎます。1枚仕上げで行くつもりで全体に研ぐ!!!細かく削ると新たなひずみの原因になりますよ。

さてさて、パテも終わり、サフ塗り完了!!ペーパー目が消えるぐらいに厚塗りしました。また後でガシガシ研ぐので厚塗りぐらいが丁度よい!サフ研ぎもひずみが出ないように良く目視をしながら!

あっ!画像もどりますが、溶接やパテをしている間に他のパーツはアシ付けしてベースカラーを塗装しました。この色でベース塗りが済んだ時には、この色もファンキーでありやなっと思いました。

さぁさぁ〜バシッと全塗も終わり、組み付け&磨き。2000番でホコリ取りと肌調整をしてえんえん磨くそして磨く!自分の顔が写りこむぐらいに磨きたおす!!!

完成〜!!!長い道のりでしたが観覧ありがとうございました。そうそうインナーはチッピングコートのブラックでフィニッシュ!

あくまでも純正っぽく仕上がりました。ノーマルっぽくスラリと流れるラインにはかなり泣かされましたが(泣き)

いかがなもんでしょう?カラーはレクサスのワインレッドでクールかつ目立ちぎみで!

旧車もレストアで大変身。リアホイールはこの後8Jに交換してワイド化されています。

T'sDESIGN(ティーズデザイン)
〒761-8073
香川県高松市太田下町2020-4
087-816-7752
受付時間10:00〜19:00