エアブラシ RC カスタムペイント

HOME > ラジコン > エアブラシ RC カスタムペイント

RC カスタムペイント

 1 RCペイント初挑戦です。右も左もわからない状態でネットにかじりつき、それでも詳しく解らないので近所のイガ模型さんにご相談、店長も塗装についての詳しい詳細がわからず色々調べてくれました。

2 今回色々調べてみて解った事は、ポリカ用の塗料の食いつきの良さと厚塗りしすぎるとビニールみたいにマスキングテープに食いつき切りにくくなる事です。まず裏面を食器用洗剤と食器洗い用の粗いスポンジでガスガス洗っていきます。スポンジのこすり目が細い目のペーパをかけた感じでアシ付けにもなります。その後、水を良く切り乾燥!ヒーター類はNG

3 表面にラップのような保護シートが貼られているので、その上からラインテープやマジックを駆使してデザインしていきます。だいたい出来上がったら今度は裏面から塗りたい色面を出すようにマスキングします。裏塗りなので1番前に出てくる黒のぼかしやファイヤーのぼかしから塗装出来るようにマスキングしましょう。

 4 黒塗りする前にあらかたのデザインを描いてみました。表からの塗装であれば簡単なのですが、裏面の細い所のマスキングは大変だろうなーとか、先を悩みつつ作業はどんどん進めて行きます。カッターもよく切れる刃を使い深く切り込まないように細心の注意を払いながら貼るカットの繰り返しです。

 5 黒の部分をボカシ&塗装してみました。厚塗りはマスキングがはがせない事態を招くので、缶スプレーを直接ガンやエアーブラシのカップに吹き込み、ガン&ハンドピースで塗装しましょう。うすくムラなくが基本です。

6 あえてここではボカシ部分だけ塗装を終わらせ、次の黒いラインを塗装します。ボカシの所や違う色の所は完全にマスキングして下さい。塗料がかなりネバいのでミストが飛びますが、エアーダスターで軽ーく飛ばせばミスト処理できます。強く吹くとそこだけ剥がれたようになるので、出来るだけ軽く。

 7 フロントのファイヤー部分もボカシ塗装しました。塗装の際、ハンドピースはななめにせず、対象物に垂直になるよう塗装したほうが、無駄なミスト散りもおさえられて、後の処理が楽になります。どうしても無駄にミストが散った場合は、ウエス等で軽くはらい、再度ボカシ際を塗装してみて下さい。

 8 黒のライン塗装も終わりましたので、次にオレンジを塗装しました。オレンジは色が乗りにくいので時間かかりますが、後で白の塗装を乗せるので半分すけているぐらいでもオレンジは発色しますよ。ムラには気を付けてください。後で出てきます。この時点で濃淡を付けると微妙なオレンジのグラデも可能です。

 9 オレンジのマスキングをはがさずに、オレンジの部分とファイヤー、チェッカーフラッグの所に白の裏打ち塗装をします。ボカシ部分はその上からマスキングを貼るとテープ後が残りやすいので先に処理しておいた方がいいです。もしテープ後が出た場合は先ほど述べたようにボカシの修正処理をしてみて下さい。

 10 マスキングを赤の塗装部分にやり返して、コックピットの部分にピンクのボカシ塗装をして、その上から赤の塗装をしています。赤もオレンジ同様に色が乗りにくく、ムラになりやすい色なので、ガンで少しづつムラなく塗装して行きましょう。がっちり塗りこまなくても、白の裏打ちで発色しますが、薄すぎるとピンクっぽくなるので、表面を見ながら塗装します。

 11 後はがっつり白の裏打ち塗装すれば完了です。白を塗装する前によごれやマスキングミス、ミスト散りはしっかり処理していないと今までの苦労が水の泡となります。最終チェックは抜かりなく、エアーブローも丁寧にしてみて下さい。

 12 以上の工程を2台、同時進行で進めました。かなりしんどかったです。奥まった所のマスキングと塗装は大変です。完成した時にはどっと力が抜けるぐらいの作業だった。久しぶりにやった事の無い作業を1から勉強したり、色々と対策を考えたりで初心に帰れました。次回の依頼はサクサクいける自信も付きました。

T'sDESIGN(ティーズデザイン)
〒761-8073
香川県高松市太田下町2020-4
087-816-7752
受付時間10:00〜19:00