エアブラシ へなちょこビルダーまさの猫ヘル製作

HOME > バイク・ヘルメット > エアブラシ へなちょこビルダーまさの猫ヘル製作

へなちょこビルダーまさの猫ヘル製作

 1 まずは、どのあたりに猫耳を付けるか、マジックでマーキング。ずれていたらいけないので、いろんな角度から見て慎重に書き込みます。







 2 frpを密着させるために80番のペーパーにて足付けします。








 3 ベルトサンダーにて、猫耳のマーキングラインから外側に5ミリぐらいの深さの溝を掘ります。





 4 なぜ、溝を掘るのかと言うと、猫耳にfrpマットを張り込む際に、この溝にもオーバーラップで張り込むとはがれにくくなるためです。







 5 いよいよ猫耳の立体化にいどみます。建築用のスタイローフォームを積層して思うような形に成型します。








 6 先輩のノン様もお手伝い。
















 7 成形のぎこちなさに親方もカッターを持って参戦!!!









 8 どうにかこうにか3〜40分で成形完了!左右もほぼ対称でなかなかの出来!さてfrpを貼り込むための下準備。そのままfrpを貼り込むとスタイローが溶けてしまうのでアルミテープにてマスキング。埋め込んでしまうのでオーバーに貼り込むのは厳禁です。






 9 アルミテープ貼り込み完了。はみ出したよぶんなテープもきれいにカット!









 10 frp樹脂が飛び散らないようにマスキング。隙間からでも樹脂は流れ込んでくるのでしっかりマスキング









 11 さて樹脂の貼り込みです。エアーがかまないようにしかっりペタペタ。








 12 樹脂の貼り込みも無事終わり、乾燥させながらニヤニヤと。ヒーターの近すぎは失敗の原因になるので、出来るだけ自然乾燥に近い距離間で。









 13 完全乾燥後マスキングをのけて、80番のペーパーにてフラット研ぎ&足付け。チクチクするので暑くても長そでフル装備で作業しましょう。









 14 さてさていよいよパテ盛りです。ぎこちなさ全開で盛り付け中。これからは当分、盛っては削り盛っては削りの繰り返し作業です。最初のうちは堂々巡りでなかなか出口が見えてこないものです。暖かく見守りましょう。








 

 15 けっこう形になってきました。が!!!まだまだ!!!この後、盛り削りの作業はしばし続くのでありました。









 16 鼻のパテ盛りもおおかた出来あがり、パテ盛り作業もそろそろ終盤!!!ご満悦のガッツポーズ。





















 17 下地のサフ塗り作業にはいりました。塗装ガンを持つのもはじめてで顔にはまったくの余裕もありません。たれずにザラツキなく塗れるのか?まぁ〜ザラツイて本塗り前に足付けするのでほどほどに厚塗りで。







 18 サフの足付け(800番の耐水ペーパー)も終わり、本塗りです。ここはさすがに親方の出番。ベースの白は320ホワイト(原色)その上にマツダ25D スノーフレークパールでクリアーの3コートパールで仕上げました。このままでも存在感ありありでオッケーなんですが、へなちょこは欲張りで、リアルディテールにこだわるそうな!!!汗


















 19 塗装完了にご満悦のまさと、悔しくてへこむノン様











 20 ひげ、目、鼻の書き込み&色入れです。左右を確認しつつバランスを見ながらマスキング、カッティング後、ハンドピースを使って丁寧に少しづつ色を入れていきます。









 21 色入れ後、マスキングをすべてはがし、ひげの下に薄く黒で影入れ。ヒゲが浮いているように見えますが、平面です。エアーブラシだから出来る、微妙なトリックアートです。









 22 完成です。いや〜長い道のりでしたが無事作業完了となりました。へなちょこながら良くがんばりました。今度は最初から最後まで自力で出来るようしっかり修行を積んでもらいたいと思います。へなちょこビルダーがすごうでビルダーになれる日は来るのか???乞うご期待!!!









 23 追加!リボンを付けて、白テープを巻きつけて本当の完成。








T'sDESIGN(ティーズデザイン)
〒761-8073
香川県高松市太田下町2020-4
087-816-7752
受付時間10:00〜19:00